日記系.jp 日記専門ブログ/モブログサービス
by
Cyberz Inc.
日記系.jpでショッピング[PR]
とりあえず系(178)
元気系(61)
いやし系(1)
恋愛系(1)
ペット系(34)
グルメ系(15)
レシピ系(1)
ダイエット系(2)
自慢系(10)
グチ系(13)
オシゴト系(46)
観察系(153)
旅行系(2)
釣り系(2)
映画系(5)
音楽系(29)
スポーツ系(5)
ゲーム系(76)
アニマン系(73)
ちとエエ話系(63)
小説系(85)
秘密系(36)
社会派系(21)
不幸系(77)
闘病系(94)
オトナ系(13)
初心者時珠和美...
初心者時珠和美...
初心者わんだー...
初心者2-6-更新マ...
初心者時珠和美...
初心者時珠和美...
初心者時珠和美...
初心者時珠和美...
初心者時珠和美...
初心者時珠和美...
初心者時珠和美...
初心者時珠和美...
初心者25分のいち...
初心者時珠和美...
初心者時珠和美...
初心者時珠和美...
みんなの検索
ジャンル
であい.COMから日記転送
  日記系.管理人[10/19]
 にんざぶろうのまたたび日記。
  ナビゲーター[1/9]
 彩花火ナビ・ビ・ビ・ビ
  Cyberz提供[12/24]
 社長ブログ
  大人買いドドン[4/20]
 大人買いでドドン
 使い方と注意点
 よくある質問
 利用規約

 時珠和美の雑文「25分のいちすとらいくはーと」
時珠和美
時珠和美とりあえず系元気系いやし系恋愛系ペット系グルメ系レシピ系
ダイエット系自慢系グチ系オシゴト系観察系旅行系釣り系
映画系音楽系スポーツ系ゲーム系アニマン系ちとエエ話系小説系
秘密系社会派系不幸系闘病系オトナ系
RSS RSS2.0 Podcasting
ATOM OPML Vodcasting
KML
◆30才 1987(昭和62)年8月5日(獅子座) B型 茨城在住/勤務/出身 アルバイト/フリーター 高校(普通課程)卒 年収 100円以上 毎日休み 家族と同居 独身 長男 ◆離婚経験無し ◆子供無し 車無し お酒を飲める 喫煙する 175cm 56kg /普通体型 / 黒髪 茶目 白肌 ◆好きな野球チーム: なし ギャンブルしない
◆趣味・興味: 音楽, アニメ/コミック, ゲーム(ソフト,ハード), インターネット, 甘党, インドア
作家QRコード
作家QR
 コード 
人間界をピラミット状にしたら、 その最底辺クラスの床の下にいる、 そんな人間
生きてさえいりゃあいいんです。 それこそ幸せなんですよ。 偉い人にはそれが(ry
そして現在妄想散らかし中。 普通の日記含め修正、 追記が時として有ります
 
2017年12月
     1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
      

→最初の日記
→全部で1096日記

 
25分のいちすとらいくはーと初心者
 
階段を上がると、ひとつの部屋の前で霊夢が待っていた。おそらくベッドの用意が終わったのだろう。はやい!もう終わったのか!以下略
霊夢「七番街は六番街を抜けていくの。その六番街がちょっと危ない所だから、ゆっくりやすんでいってね!」
チル「うん、ありがと
そう一言、部屋に入ろうとするチルノ。そこで、ふと霊夢がチルノを呼び止める。振り返ると、そこにはいたって普通の、一人のやさしい女の子が居た
霊夢「チルノ
チル「ん?」
霊夢「おやすみなさい
ウインクを飛ばし、階段を下りてゆく霊夢。さて、これはどうしたものか。悩ましげな表情で、頭をぼりぼりと掻く
チル「参ったわね…」

…相当疲れてるようね
チル「!?」
ちゃんとした寝床なんて、大分久しぶりなんじゃない?
チル「うん、そうだね」
あれ以来ね

「随分立派になったものだ」
とある一室、そばで誰かが笑う。日に干されたばかりのふかふかの布団に大の字になっているチルノ
「そうなると、誰もお前をほとかないだろう」
チル「それほどでもないわよ」
「都会はいろいろと物騒だし、大変だろう。…いくらお前だって、立派な女の子なんだ。私は其れが心配なんだよ」
チル「あたいは大丈夫だって」
「まぁ、お前の場合はそういうのより、親しい友達のほうがいいかもしれないな。そうだねぇ…しっかりしつつ、寛容である年上の子なんて、ちょうどいい凸凹コンビになるかも」
チル「どうでもいいわよ…」

ふと、目を覚ますチルノ
チル「…何時の間にか寝ちゃってたし」
しばしの休眠。しかし妙な夢を見た所為か、さほど熟睡することも無く中途半端になってしまった
チル「六番街を抜ける、か。一人でも余裕のよっちゃんね」
なるべく静かに、かつ素早く部屋を後にするチルノ。途中花瓶らしきものに肩が触れ、彼女は自身が溶けたのかと錯覚するほどの脂汗をかいた。恐ろしい反射神経で花瓶を支え、数秒。霊夢の部屋らしきところから物音は聞こえない。チルノは大きく肩を落とした。しかしこういうところでソルジャーとしての能力が機能するとはこれ如何に

霊夢の家を出て、若干後ろめたい気持ちにもなりながら、その場を後にしたチルノ

窓には、何かがきらりと光る
write: 水戸近辺
話のつづき
小説系日記  □□  2009.2.20 Fri □□
つながり >1 ...つながり >1 ...つながり >1 ...日記QRコード
つながってる???アイテム
不都合な真実
不都合な真実 (書籍/雑誌)
ウケタ
0
泣けた
0
感動した
0
がんばった
0
勇気付けられた
0
萌えた
0




[ 利用規約 | 質問(Q&A)・お問合せ | プライバシーポリシー | 設定変更 | 広告掲載 ]
cyberz.jpCONOE.netであい.COMLn.jpHITCHART.COM
Cyberz Inc.Cyberz Community PlatformERIKOdareMITERUVCastEngine
Copyright(c) 2004-2009 Cyberz Inc. Allrights reserved.
日記系.jp」はサイバーズ株式会社が提供しています